自己紹介

近代における城郭の利活用と、その保存をめぐる国や地方自治体、地域住民の動向を勉強しています。令和2年度より「ひょうご歴史研究室」の研究員(赤松氏と山城研究班)も兼任しています。よろしくお願いします。

本年度の活動計画

  • 2021年7月17日(土)~9月5日(日)
    特別企画展「唱歌!西洋音楽がやって来た― 明治の音楽と社会 ―」(副担当)
  • 2022年1月8日(土)~2月6日(日)
    巡回展「兵庫県立歴史博物館”ひょうご五国”歴史文化キャラバン」(副担当)
    ※尼崎市立歴史博物館にて開催

館内

  • 2021年5月30日(日)
    歴史の旅「ひょうご博物館探訪シリーズ―尼崎市立歴史博物館と尼﨑の町並みを訪ねる―」
  • 2021年10月24日(日)
    歴史の旅「三木の町並みを歩く」

館外

  • 姫路市立生涯学習大学校2年郷土史コース講義「姫路の近代あれこれ(仮)」 2021年9月24日(金) 姫路市立生涯学習大学校
  • 尼﨑市立歴史博物館水曜歴史講座「『城郭巡視日記』を読む」 2022年1月12日(水) 尼崎市立歴史博物館
  • 近現代における城郭の調査・保存・利活用のありかたについて
  • 館蔵の城絵図調査
  • 享保期伊丹の総宿老制の変容について

これまでの活動・研究

館外

  • 城郭談話会例会報告「『城郭巡視日記』の紹介と若干の考察」 2020年9月12日 高槻市立総合市民交流センター
  • 同志社大学人文科学研究所第9研究会報告「城郭と地域社会―姫路城の保存を中心に―」 2020年2月16日 同志社大学
  • 城郭談話会第3回特別例会報告「明治期における城郭保存 ― 姫路城を中心に ―」 2019年6月8日 近畿大学
  • 同志社大学人文科学研究所第9研究会「尼崎城の復興とその問題点」 2019年5月19日 尼崎市立地域研究史料館

2021年

  • 「歴史工房の冬季展示から」
    (『兵庫県立歴史博物館友の会だより』第147号)

2020年

  • 「姫路城「明治の大修理」」
    (『神戸新聞』西播版「はりま・ひょうご歴史巡り」)
  • 「4月から学芸員になった竹内信です」
    (「ひょうご歴史研究室 リレートーク 第11回-赤松氏と山城研究班から-」)

2019年

  • 明治期における城郭保存 ― 姫路城を中心に ―」
    (『城郭談話会第3回特別例会報告資料集存城・廃城(いわゆる廃城令)から明治中期における城郭
     ―その軍事・保存・改変―』、城郭談話会編)
  • れきはく学芸員Web解説 歴史工房冬季展示 大正前期のひょうごの空-兵庫県航空史①- 2020年12月26日(土)~
  • 兵庫県立姫路東高等学校講座「姫路城学」 展示解説 2020年12月22日(火)
  • 令和2年度かしの木学級学外研修「歴史博物館を訪ねて」展示解説 2020年12月13日(日)
  • 教員セミナー(先生のための一日) 展示解説 2020年7月31日(金)