本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

コラムアイコン
コラム旅行用心集/道中編

川を渡るのは注意して

知らない川は決して歩いて渡ってはいけない。また、橋が流れて歩いたり船で渡ったりしなければならない時は、宿場の役人に相談するのがよい。

現代のコメント

川の深みは岸からでは分からないものだ。今でも川で溺れる人は多い。

船を使うと早いかもしれないけど、考えものだ

速いからといって船を使うのは考え物だ。大事な用事や急ぐ時は陸地を通るべきである。急がぬ旅なら船に乗り足を休めるのも良い。風にあってうまくいくこともある。しかし異変があったときに「後悔先に立たず」となることは心得ておくべきだ。

現代のコメント

昔の人は乗り物を信じていないようである。特に海での事故は、死を覚悟せねばならないのだろう。

旅の連れの人数って大切なんだ!

旅の連れはせいぜい五、六人までがよい。人はそれぞれ考えることが違うから、大人数ではうまくいかない者が必ず出てくる。

現代のコメント

現代ではもっと少人数かも。旅の日数がもっと多い。江戸時代の人は我慢強いね。

神社やお寺でしちゃいけない事はね!

神社や寺、橋や立ち木、大きな石などへ落書きをしたり、御札を貼ってはいけない。

現代のコメント

お札を貼るのは、昔から行われていたようである。やっぱり迷惑がられていたんだ!

熊や狼も顔を出すから!

道連れがあるときは話し声がするので、熊や狼などは身を隠す。一人旅は声がしないため、出会い頭に驚いてかみつくことがある。昼間にはこんなことがなく、すべて夜道で起こる。山中や人里遠い野原では竹杖で道をたたいて音を立てて歩くこと。石突のついた杖でもよい。夜道では火縄や松明などを持って歩けば、けものに会わない。

現代のコメント

今でも、山に行くときは鈴を付けたり、ラジオを鳴らしたりしながら歩けと言われるね。!

けものやヘビを遠ざける方法は

牛の糞を草鞋の裏へぬって歩けば、けものや蛇、まむし、毒虫などは、恐れて近づかないそうだ。

現代のコメント

いったい、誰が最初に気が付いたのだろうか?!

女性にあっても、声をかけてはいけないよ!

道で女性などとすれちがったとき、軽く挨拶くらいは良いが、それ以上の余計な話をしたり、または相手の方言を笑ったりしてはいけない。トラブルは、些細なことから起こるものである。

現代のコメント

全くそのとおりである。

ここまでが本文です。