本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー 絵話を楽しむのイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

武家物神農絵巻

 かちかち山の狸も、猿蟹合戦の猿もこらしめられたように、そのむかし妖怪たちは、娘やお婆さんをさらい、田畑を荒らして、人々を悩ませていました。そこで人々は神農どのに、「妖怪を退治してわたしたちを助けてください」、とお願いしました。
神農どのはこの頼みをききいれて、猿丸太夫・犬坊丸・鳥海弥三郎に命じ、里芋やサツマイモ、栗、柿を茹でさせて、たくさんもって旅立ちました。
 神農どのは、猿丸太夫・犬坊丸・鳥海弥三郎と力を合わせて舟を繰り、海上を走りました。順風に帆を上げて十二万三千四五六里七八町九間を渡ったところ、はるか彼方に「妖怪が島」が見えました。
この島へ上陸すると、神農どのは「難風に遭ってこの島に着きました。よい風が吹く日を待って出発します」と伝えました。
それを聞いて妖怪たちは安心し、四人を妖怪の大王のもとに連れていきました。
 岩屋の城廓に住む妖怪の大王は、神農どのをもてなしました。四人は大王の前にひざまづき、「わたしたちは難風に遭ってここに来ました。ともにお酒を飲み交わしましょう。さあさあ」と言いました。
神農どのは、犬坊丸に杯(さかずき)をとらせ、猿丸太夫に一差し舞わせましたので、酒宴はおおいに盛りあがりました。酒宴が終わるとみな寝室に入り、大王も閨(ねや)に入りました。
 妖怪たちが寝静まったあと、四人は持参した芋や栗、柿を、腹一杯食べました。
大王の閨は、要害大石でできた扉門でふさがっていました。しかし神農どのが石火天のごとく屁をひとつひると、石の扉門はたちまち崩れました。猿丸太夫・犬坊丸・鳥海弥三郎もつづいて屁をひると、妖怪たちは屁毒にあたって倒れました。たまりかねた大王は宝物を差し出しました。こうして妖怪を退治した神農どのたちは、宝物を持って西海へと帰りました。

ここまでが本文です。