本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー 絵話を楽しむのイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

宗教物有馬温泉寺縁起

 むかしむかし、行基という聖(ひじり)が摂津国(せっつのくに)の昆陽寺(こやでら)に住んでいた。貧しい人に施し、困っている人を助けたので、人々からは菩薩として慕われていた。
(第一段)あるとき行基は、近くに荒れはてた温泉があることを知った。それは「有馬」という温泉で、病気やキズ・けがによく効くのだが、山の中にあるため道がすっかり閉ざされていた。 行基はひらめいた。「そうだ! 道をきりひらき、お寺を建てて、病いやけがをえた人々を有馬の温泉で救おう」さっそく行基は旅立った。(第二段)
 山道をわけいるとうめき声が聞こえた。全身をかさぶたや膿でおおわれた男が、道に迷い、力つきようとしていた。どうやら有馬の湯までゆこうとしたらしい。(第三段)行基は自分のご飯をさしだしたが、「新鮮な魚のあつもの(煮物)」しか食べられないと、病人は訴える。(第四段)そのため行基は、長洲の浜にゆき生きている魚を手にいれた。
病人のもとに戻ると魚をさばき煮炊きした。それを食べさせようと口に運んだところ、病人は塩で味つけしてほしいと言う。行基はそのとおりに調味して、ぺろり、と一口味見をした後で、病人に食べさせた。(第五段)その魚の半身を昆陽池(こやいけ)に放つと一つ目の魚としてよみがえり、いまもその子孫が生きていると言い伝えられている。(第六段)
ところで、さらに病人はからだの膿(うみ)にウジ虫がわいているので、それを舌でなめてとりのぞいてほしい、と行基に言った。そこで行基は病人の膿(う)んだ傷口をなめ、ウジ虫をとりのぞいてやった。すると、とつぜん病人のからだが金色にかがやきはじめた。まぶしい光がさすと、そこには病人の姿はなく、お薬師さまがましましていた。行基、おまえを試させてもらいましたよ。病人は、わたしが方便で身を変えていた姿なのです」お薬師さまは、さきほどの行基の慈悲深い行いをほめたたえた。行基に、有馬の温泉への道をひらき、病気やケガに苦しむ衆生を助けなさいと告げ、そのまま虚空に消えていった。(第七段)
このような奇跡をまのあたりにして、行基の心はふるえたった。お告げのとおり有馬の山にのぼると、果たして温泉をさがしあてることができた。そこで石を刻んでお薬師さまをかたどった仏像をつくり、また『法華経』を写経して、ふたつとも泉のわく泉のそこに沈めた。それから立派なお寺を建立して、有馬への道もふたたび切り開いた。行基は、石のお薬師さまにむきあうと、祈りをささげた。「この温泉にはいる人は、だれしも病いをいやし命をながらえ、煩悩(ぼんのう)の垢(あか)さえも洗い落とし、悟りを開くことができますように……」そのおかげで病気によく効く温泉として、人々はこぞって訪問するようになり、有馬の名は全国に知られることになったということである。(第八段)

ここまでが本文です。