本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり高砂神社たかさごじんじゃ

街道
山陽道
播磨
ジャンル
神社
高砂神社 拝殿
高砂神社 神木「いぶき」
高砂神社 五代目「相生松」
播州名所巡覧図絵
摂播記
播磨名所高砂相生松
日本真景・播磨・垂水名所図帖
日本真景・播磨・垂水名所図帖

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

高砂神社は古くは牛頭(ごず)天王社といい、祭神は素戔嗚(すさのお)尊・大己貴(おおなむち)命である。中世には築城のため別の場所に移されたが、元和年間に元の場所に再建された。神殿は桃山時代の様式を留めるといわれる。神社の北側には、近世加古川水運の終着地であった南北の堀川があり、神社には加古川水運の様子を語る絵馬が残る。また、船の帆を改良した工楽松右衛門(くらくまつえもん)の立像がある。境内には有名な「相生の松」があり、現在の松は枯れてしまった当初のものから数えて5代目であるという。

所在地 : 高砂市高砂町東宮町190

ここまでが本文です。