本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり尾上神社おのえじんじゃ

街道
山陽道
播磨
ジャンル
神社
尾上神社 本殿
尾上神社 鳥居と正門
尾上神社 尾上の松
尾上神社 片枝の松
尾上神社 尾上の鐘
摂播記
摂津名所図会
十二景詞歌
十二景詞歌
日本真景・播磨・垂水名所図帖
十二景詞歌
日本真景・播磨・垂水名所図帖
日本真景・播磨・垂水名所図帖

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

尾上(おのえ)神社は住吉四所という4柱の神を祀っている。境内には3代目が天然記念物として指定された「尾上の松」があり、現在の松は5代目である。無双の名鐘とたたえられる梵鐘(ぼんしょう・国指定文化財・重文)は、「尾上の鐘」として古来有名である。高麗(こうらい)時代の1011(顕宗・けんそう)2年前後に鋳造された朝鮮鐘で、如来坐像や優美な飛天(ひてん)の姿などが鋳出されている。『播磨鑑(かがみ)』には、「鐘を盗んだ海賊が逆風にあおられ、驚いて鐘を海に投げ込むと収まった。鐘は海中で夜中に光ったため、網を入れ引きあげた」というエピソードが記されている。

所在地 : 加古川市尾上町長田字尾上林518

ここまでが本文です。