本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり柿本神社かきのもとじんじゃ

街道
山陽道
播磨
ジャンル
神社
柿本神社
摂播記
播州名所巡覧図絵
日本真景・播磨・垂水名所図帖
兵庫名所図巻

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

柿本神社は通称人丸神社とも呼ばれ、万葉の代表的歌人である柿本人麻呂を祭神とする神社である。学問・防火・安産の神として崇敬される。1617(元和3)年、小笠原忠政が明石城を築城する際、現在地に移転した。1723(享保8)年には正一位の神階と「柿本大明神」の神号を宣下され、皇室や歴代の明石城主の崇敬を集めた。そのためか、江戸時代の神社仏閣番付では行事役として別格の扱いを受けている。

明石海峡に臨む高台という非常に景色のよい場所にあるが、今は眼前に天文台の建物が建っている。

所在地 : 明石市人丸町1-26

ここまでが本文です。