本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり一ノ谷いちのたに

街道
山陽道
摂津
ジャンル
その他
一ノ谷付近の山並み
一ノ谷から南側を望む
海から一ノ谷を望む
一ノ谷からの風景
摂州一ノ谷源平合戦之図(國芳)
一ノ谷鵯越阪落之図
摂津名所図会
播州名所巡覧図絵
摂播記
摂津名所図会
兵庫名所図巻
摂西兵庫名所記� (宝永元版)

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

「一ノ谷の合戦」は『平家物語』に語られた有名な合戦である。1184(寿永3)年2月7日に源氏軍が平家軍を破った戦で、源義経が鵯(ひよどり)越から一ノ谷に逆落しを決行して勝敗が決したことからその名で呼ばれる。不意を襲われた平家方は大損害を被り、平重衡は捕われ、忠度以下、清房、清定、経正、経俊、敦盛、通盛、業盛、師盛、知章など一門の多くが命を落とすという結果となった。源平合戦の古戦場とされる一ノ谷は天然の要害であるが、『平家物語』に関しては鵯越(ひよどりごえ)と一ノ谷との位置関係や迎撃した平家軍の武将名などに疑問点が多く、この戦いの展開には不明な点が多い。しかし、この場所で源平の合戦があったことは紛れもない事実である。

現在の一ノ谷から須磨にかけての地域は、凄惨な戦いが繰り広げられたとは思えないほど穏やかな海岸と松林がつづく。

所在地 : 神戸市須磨区一ノ谷町付近

ここまでが本文です。