本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり斑鳩寺はんきゅうじ

街道
山陽道
播磨
ジャンル
斑鳩寺 境内
斑鳩寺 講堂
斑鳩寺 奥殿
斑鳩寺 仁王門
斑鳩寺 仁王門から参道を望む
播州名所巡覧図絵
日本真景・播磨・垂水名所図帖
日本真景・播磨・垂水名所図帖

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

斑鳩寺は天台宗の寺院で「鵤(いかるが)の太子さん」の俗称で知られる。寺伝には、聖徳太子が大和の仏教文化を移植して草創したとある。初めは鵤荘の政所として創建されたが、鎌倉時代の太子信仰に支えられ寺観を整えたと思われる。そのため、太子堂(現在は聖徳殿と呼ぶ)には「植髪(うえがみ)の太子」の伝承をもつ聖徳太子像が安置され、朝夕に給仕されている。1565(永禄8)年に再建されたといわれる本瓦葺の三重塔は、国の重要文化財で寺のシンボルとなっている。2月22、23日の春祭りは「お太子さん」の名で親しまれ、農機具と植木の市が立つことでも有名である。

地元では、この祭を過ぎると寒さが緩みはじめ、西播磨地方に春が来ると言われている。

所在地 : 揖保郡太子町鵤709

ここまでが本文です。