本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり但馬国分寺跡たじまこくぶんじあと

街道
山陰道
但馬
ジャンル
但馬国分寺跡
但馬国分寺跡 遠景

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

但馬国分寺は鎮護国家を祈願して建立された寺である。建立年代は明らかでないが、756(天平勝宝8)年に同寺に対して仏具が下賜されていることから(『続日本紀』)、聖武天皇が国分寺建立の詔(みことのり)を出した741(天平13)年からそれまでの間に建立されたと思われる。鎌倉時代には京都の法勝寺(ほっしょうじ)の末寺となる。「但馬国大田文(おおたぶみ)」(但馬守護太田政頼の作った土地台帳)には30町歩の寺田を所有していたとの記録があり、羽柴秀吉の但馬出兵の際に廃絶したと伝えられている。

所在地 : 豊岡市日高町国分寺760

ここまでが本文です。