本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり神崎の渡しかんざきのわたし

街道
中国道
摂津
ジャンル
交通
神崎の渡し 文化元年頃の石灯籠
神崎の渡し 兵庫県側から
神崎の渡し 大阪府側から
神崎の渡し 石灯籠から川を望む
摂津名所図会

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

神崎は神崎川・猪名川・藻川が合流する地点にあり、古くから交通の要衝である。京や大坂から西国、あるいは摂津有馬温泉、但馬城崎(湯嶋)温泉へ向かう玄関口でもあった。『但州湯嶋道中独案内』には、大坂からのルートに神崎の名が見え、「十三(じゅうそう)より1里・・・前に川あり・・・渡し三文」と記されている。川を渡ったあと、有馬へは右の伊丹方向へ、西国へ行くには左の尼崎方向へ進むことになる。

所在地 : 尼崎市神崎町

ここまでが本文です。