本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり産宮神社うぶみやじんじゃ

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
神社
産宮神社 反正天皇の産湯に使ったと伝わる瑞井(井戸)
産宮神社 鳥居
産宮神社 遠景
産宮神社 遠景
淡路名所図会
淡路国名所図絵

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

産宮神社は、反正(はんぜい)天皇生誕の伝説をもつ神社である。瑞井宮とも記される。古代、鳥獣が多く棲んだため大和朝廷の狩猟地とされ、仮宮として淡路宮を置いた。『古事記』、『日本書紀』には、仁徳天皇が遊猟した折に淡路宮で反正(はんぜい)天皇が誕生したため、神社の瑞井(産湯池)の水を産湯としたと記されている。江戸時代には藩主蜂須賀家の保護を受けた。
現在倭文(しとおり)川沿いの水田の中に建つ神社は、社殿こそ新しくなっているが、周辺は当時の雰囲気をよく残している。現在も安産の神様として信仰を集めている。

所在地 : 南あわじ市松帆擽田103

ここまでが本文です。