本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり洲本城跡すもとじょうあと

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
洲本城「上の城」
洲本城「上の城」
洲本城「上の城」
洲本城「下の城」
洲本城「上の城」から眺める洲本の街
南から洲本の街を望む
淡路国名所図絵
淡路国名所図絵

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

洲本城は三熊山(みくまやま)の頂上にある。室町時代の大永年間(1521~28)に安宅氏が築いた砦が始まりと言われる。豊臣秀吉の淡路攻めの後、仙石権兵衛秀久、脇坂安治らが居城とした。現在の天守閣は1928(昭和3)年の御大典の際に建てられた模擬天守である。洲本城のように池のある城は珍しいといい、池のそばにある日月井戸は、底に日と月が刻まれていると伝えられている。江戸時代の寛永年間(1624~44)に、三熊城の下に築かれた城も洲本城と呼称するため、山頂の城を「上の城」、寛永の城を「下の城」といって区別している。
現在、上の城は地元の人々の散歩コースやスポーツの場として利用されている。

所在地 : 洲本市小路谷御熊山1272-2

ここまでが本文です。