本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり静御前の墓しずかごぜんのはか

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
その他
静御前のものと伝えられる墓
静御前のものと伝えられる墓
淡路名所図会
淡路国名所図絵

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

源義経との恋に生きた静御前の墓は日本各地に存在するが、この地も江戸時代から有名な場所である。2基並ぶ宝篋印塔(ほうきょういんとう)のうち、右が源義経、左が静御前の墓と言われている。静は鎌倉で義経との子を殺されたが、命を助けられ、頼朝の妹の夫、一条能保に預けられたという。一条家の荘園が志筑にあったためここに隠れ住み、1211(建暦元)年の冬に47歳で没したため、供養として宝篋印塔が建てられたと伝えられている。
現在周辺は静の里公園として市民に親しまれ、多くの観光客が訪れている。墓に詣でれば技芸に熟達するとされ、また美貌の児を授かるとも言われている。

所在地 : 淡路市志筑795-1(静の里公園)

ここまでが本文です。