本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり松帆の浦まつほのうら

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
風景
松帆の浦と明石海峡大橋
淡路国名所図絵
日本真景・播磨・垂水名所図帖
淡路名所図会

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

松帆浦は、淡路島最北部の海岸に沿って広がる平野で、明石海峡を渡るために利用されていた。人々が海峡の荒れたときに風待ち、潮待ちをしたのが、松帆(待つ帆)の由来といわれている。藤原定家の歌「来ぬ人を松帆の浦の夕凪(ゆうなぎ)に 焼くや藻汐(もしお)の身もこがれつつ」をはじめ、松帆の浦を詠んだ多くの歌が残されており、古歌に名高い場所である。
現在この松帆の浦の眼前には巨大な明石海峡大橋が偉容を誇り、かつての風情は様変わりをしている。浜は砂浜ではなく玉石の海岸で、波が打ち寄せるたびにカチカチと音を立てる。この波の音のみに昔を偲ぶことができる。

所在地 : 淡路市岩屋松帆浦

ここまでが本文です。