本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり釜口浦かまぐちうら

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
風景
足利尊氏の見た風景
遠くに妙勝寺が見える
淡路国名所図絵
(英文)日本の漁師の生活

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

釜口浦は、足利尊氏が再起を期して九州に向かう途中、船中より妙勝寺の灯りを見たと言われる港である。江戸時代の地誌に浜の長さは180間(約327m)、家の数30軒と記されている。
道路整備のための護岸設備が施され昔の姿は残っていないが、周辺が港湾施設として変容しているのに比べれば、『淡路国名所図絵』を彷彿とさせる風景が残る。尊氏の見たという妙勝寺は、昼間は山の木々に埋もれて確認することは難しく、夜に火を灯して初めて見えたと考えられる。

所在地 : 淡路市釜口

ここまでが本文です。