本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり伊弉諾神宮いざなぎじんぐう

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
神社
伊弉諾神宮 拝殿
伊弉諾神宮 鳥居
伊弉諾神宮 表神門
淡路名所図会
淡路国名所図絵
日本真景・播磨・垂水名所図帖

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

伊弉諾神宮は淡路国一宮であり、地元では「いっくさん」と尊称されている。国生み神話で有名な伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祭神とする延喜式内社である。『延喜式』には伊佐奈伎神社と記述がある。『日本書紀』には伊弉諾尊が幽宮(かくりみや)を淡路の多賀の地に構え余生を過ごされたとあり、社伝では本殿下がその陵墓とされている。例祭は4月20日から3日間行われ、淡路の春を代表する祭りとして多くの人で賑わう。1月15日の粥占(かゆうら)神事や季節ごとの湯立神事など古代からの神事も継承されている。また縁結びの神様としても有名で、神社では数多くの人たちが結婚式を挙げる。

所在地 : 淡路市多賀740

ここまでが本文です。