本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり福良八幡神社ふくらはちまんじんじゃ

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
神社
福良八幡神社 拝殿
福良八幡神社 鳥居
淡路名所図会
淡路国名所図絵

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

福良八幡神社は、福良湾を見下ろす丘の上に建つ神社である。創立年代は不明だが、1600(慶長5)年に本殿が再建されたことが棟札により分かる。祭神は誉田別命(ほむだわけのみこと)である。鎌倉期の作といわれる3体の木造男神坐像があり、三間社流造の本殿は県指定文化財で、もとは桃山風に彩色されていたという。
『淡路国名所図絵』には神社の前に浜が描かれているが、現在は埋め立てのため海からはやや離れてしまった。しかし、神社は今も福良の港を見守るかのように建っている。

所在地 : 南あわじ市福良甲1331

ここまでが本文です。