本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー ひょうご歴史の道のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

名所アイコン
名所めぐり天浮橋 ほかあまのうきはし ほか

街道
淡路往還
淡路
ジャンル
その他
葦原国
天の浮橋
淡路名所図会
淡路国名所図絵

※画像をクリックすると拡大画像が見られます(新しいウィンドウ)

国生みの神話のなかで、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)が「天の浮橋」に立って日本国を造る際、はじめに造ったのが「オノゴロ島」であると言われている。「オノゴロ島」の候補地は島内各地にあって、自凝島神社を中心とした場所もそのひとつであり、江戸時代にはそれに因んで天浮橋や葦原国が作られた。『淡路名所図会』や『淡路国名所図絵』にも採りあげられており、当時有名であったと思われる。現在は圃場整備された場所に残っているが、田んぼの中にぽつんと点在している様子は江戸時代と変わらない。これらの名所から約300~500m東に自凝島神社(おのころじまじんじゃ)がある。国生み伝説をめぐる観光地として旅人を集めていたのであろう。

所在地 : 南あわじ市榎並ほか

ここまでが本文です。