本文へスキップします。

ここから本文です。

ヘッダーバナー こども文化辞典のイメージ画像です。
緊急情報2021.09.06
長期休館のお知らせ

江戸時代・明治・大正・昭和という4つの時代
のおもちゃを紹介するページです。

昭和

  • おもちゃをクリックすると
    説明もご覧いただけます。

コリントゲームの写真 (こりんとげーむのしゃしん)
コリントゲーム (こりんとげーむ)

パチンコの元祖(がんそ)となったゲームです。このコリントゲームの絵柄(えがら)は1939(昭和14)年におこなわれた「ニッポン号」の「世界一周大飛行(せかいいっしゅうだいひこう)」をえがいたものになっています。

フラフープの写真(ふらふーぷのしゃしん)
フラフープ(ふらふーぷ)

1958(昭和33)年に大ブームをまきおこした遊具(ゆうぐ)です。腰(こし)をつかって輪をまわしますが、そのために内臓(ないぞう)をいためるということもあって、社会問題(しゃかいもんだい)にもなりました。

ヨーヨーの写真(よーよーのしゃしん)
ヨーヨー(よーよー)

もともとは中国でうまれたおもちゃで、日本でも江戸時代から「手車(てぐるま)」の名前でしたしまれていましたが、昭和初期に世界的なブームがおこり、それが日本にもつたわって大流行しました。

ジェラルミン製三輪車の写真(じぇらるみんせいさんりんしゃのしゃしん)
ジェラルミン製三輪車(じぇらるみんせいさんりんしゃ)

戦時中(せんじちゅう)は、戦闘機(せんとうき)をつくるためにジュラルミンという金属(きんぞく)がたくさん保管(ほかん)されていましたが、戦争がおわると、つかうあてのなくなったジュラルミンで三輪車などの遊具(ゆうぐ)や日用品(にちようひん)がたくさんつくられました。

肉桂紙の写真(にっきがみのしゃしん)
肉桂紙(にっきがみ)

駄菓子(だがし)の一種で、肉桂(にっき)をとかした水を紙にしみこませたものです。噛んでその風味をたのしみます。今のチューインガムにちかいものです。

グリコのオマケの写真(ぐりこのおまけのしゃしん)
グリコのオマケ(ぐりこのおまけ)

1921(大正10)年にうまれたグリコキャラメルは、昭和初期からオリジナルのオマケをつけるようになりました。最初の本格的なオマケは金属製のメダルで、大阪の造幣局(ぞうへいきょく)でつくられていました。

ラジコンバスの写真(らじこんばすのしゃしん)
ラジコンバス(らじこんばす)

1955(昭和30)年にうまれた世界初のラジコンおもちゃです。日露戦争(にちろせんそう)のころにつかわれていた技術を応用して、電波で進行方向をかえることができました。

クレーンゲーム型自動菓子販売機の写真(くれーんげーむがたじどうかしはんばいきのしゃしん)
クレーンゲーム型自動菓子販売機(くれーんげーむがたじどうかしはんばいき)

1銭銅貨を入れてハンドルをまわすとクレーンが回転し、止めたいところでボタンを押すとクレーンがおりてお菓子をつかみます。自動販売機の一種ですが、失敗すればお菓子は出てこないので、むしろこれで遊ぶことのほうが目的でした。昭和初期にアメリカから輸入されたものが最初で、今の「UFOキャッチャー」の元祖(がんそ)といえるものです。

ここまでが本文です。